C-CEX 取引所

C-CEXは年末年始に休業!?資産を安全になところに移動しよう

投稿日:

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

どうも、昨日ガチホしていたBCHで儲けたクリプトカレンシナーの相場太郎です。

様々な草コインが上昇傾向で、SNSや取引所チャットがお祭り騒ぎとなっていますね。

そんな中、日本発祥のコインであるBitZny(ZNY)が購入できる仮想通貨取引所として知られているC-CEXが、2017/12/20から

2018/1/20という長い間、休業すると発表しました。

異例の長期休業なのですが、C-CEXは不安定なところやサポートがあまり良くないところがあったりと、色々不安の残る取引所です。

休業中のリスクや危険性はあるのか、C-CEXから外部ウォレットへの送金はどうすればいいのか、をまとめました。

C-CEXは少し危険な取引所

C-CEXは、様々なアルトコイン(いわゆる草コイン)を取り扱っている取引所として有名です。2017/12/15現在では、なんと197種類もの仮想通貨が購入できます。

あまりいい評判はありませんが、BitZeny(ZNY)を購入するためにBitcoin(BTC)を送金している方も多数いるでしょう。

しかし、C-CEXでは毎日のように「Please,Wait 15-20 minutes. We are doing short maintenance...」という表示が出て取引ができなくなる時があります。

15分から20分と書いてあるのですが、大抵は15分から20分で終わりません。

本当にメンテナンスをしているのかも怪しく、ショートメンテナンスが何時間も続くとGOXしてしまったのではないかと不安になります。

相場ネコ
全然ショートじゃない...

また、送金エラーやトラッシュ機能なども度々問題になります。

エラーが出て送金ができなかったりして運営に問い合わせても、回答を得ることができないことがほとんどのようです。

相場太郎は、一度もそのようなことには遭遇していないのでラッキーだったのかもしれません。

しかし、大金を入れておくのは不安で気が気でないです。

休業して復帰しない可能性もあるかもしれないので、外部に送金してしっかりと資産を保護しましょう。

取引を停止するとの告知はありませんが、休業中は何が起こるかわからず、強制的に資産が塩漬けされてしまう可能性もあります。

C-CEXから外部ウォレットへ出金

出金はそれほど難しい作業ではなく、C-CEXにログインしてLEDGERページにアクセスし、該当のコインのwithdrawボタンを押すことでできます。

「Transfer 〇〇 to address」という所に外部ウォレットのアドレスを貼り付け、Amountに出金額を入力してtransferボタンを押すと出金の準備が完了です。

ボタンを押した際にエラーが出たら、時間をおいて何度か試してみてください。

それでもダメなようなら、サポートに問い合わせるかSNSで誰かに助けを求めるのがいいかもしれません。

transferボタンを押して出金の準備をした後に、登録したメールアドレスに届くメールで出金を承認する必要があります。

承認したら、外部のウォレットに届くのを気長に待ちましょう。

相場ネコ
アドレスを間違えないように!

もしトラブルに遭ってしまったら

もし通貨が消えてしまったりしたら、ダメ元でもすぐにサポートに問い合わせてみてください。

また、SNS上で人に助けを求めたり、専門家に相談してみるのもいいかもしれません。

安全に気を使い、楽しい相場ライフを送りましょう!

相場ネコ
泣き寝入りはダメだよ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

相場太郎(クリプトカレンシナー)

仮想通貨大好きなネコ...じゃなくて人。たまにぶつかり合うMONAとZNYを愛してます。主戦場はbitFlyerで、サブがZaif、Poloniex、BitMEX、C-CEXです。億りたいなぁ。

-C-CEX, 取引所
-,

+

Copyright© 仮想通貨ファン! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.